Data Manager M

DATA MANAGER M

太陽光発電システムの監視と制御

Data Manager Mは、ennexOS対応の新しいSunny Portalと共に使用され、太陽光発電システムの監視、制御、通信を最適化します。Data Manager Mは、SMA ClusterControllerに取って代わる新しい装置です。エネルギー管理に特化したIoT機器用の新しいennexOSソフトウェアプラットフォームを採用しており、今後のエネルギー市場のビジネスモデルに対応できるように機能や規模を簡単に拡張できます。SMAのパワーコンディショナと同様に、Data Manager Mにも直感的な操作のアシスタント機能が付いているので、設置現場で試運転調整までに必要な作業時間を大幅に短縮できます。また、新たに搭載されたennexOSプラットフォームにより、設置現場に行かなくても、Sunny Portalで太陽光発電システムやパワーコンディショナのパラメータを変更できるようになっています。Data Manager Mに搭載されているennexOSのユーザーインターフェースは、電力会社はもちろん、卸電力市場に参入しているその他企業、太陽光発電システムの運用者や保守サービス業者に最適な高性能インターフ ェースです。

試運転時間の短縮

  • ユーザーインターフェイスの改良により、システム設定や各種機器のSunny Portalへの登録時間を短縮
  • 豊富な入出力インターフェイスにより外部機器との接続対応


市場変化に対する拡張性

  • ソフトウェア拡張パックにより、将来の市場変化やニーズの多様化に合わせて拡張可能
  • 自家消費市場やエネルギー管理最適化を見すえた設計


信頼性と利便性

  • 国内外の系統連系規定に適合
  • 複数の発電所情報の一括管理、レポート機能の向上
  • 遠隔地からの安全なアクセスによる接続機器の整定値変更、制御が可能