SUNNY TRIPOWER 25000TL-JP

SUNNY TRIPOWER 25000TL-JP

高圧系統に連系する分散システムに特化した、信頼性の高いパワーコンディショナ

新型のSunny Tripower 25000TL-JP は日本市場向けに開発されたモデルで、大規模な分散型高圧発電システムでの使用に適した高性能ソリューションです。この新製品は、技術的に成熟したSunny Tripower プラットフォームに基づいています。そこには、SMAがマーケットリーダーとして世界中で培ってきた長年の経験が活かされています。また、SMAのプロフェッショナルなサポートがユーザーの皆様のお役に立ちます。98.7%というピーク効率により極めて高い発電量を実現するので、システム運用者は早い時期に確実に設備投資を回収できます。マルチストリング方式の採用と幅広い入力電圧範囲により柔軟なシステム設計が可能となり、市販の太陽電池モジュールの多くとの互換性をもつパワーコンディショナとなっています。
さらに、商用システム向けの効率的なシステム監視のためにオプションのSMA Cluster Controllerを使用すれば、Modbus 通信によりシステムパラメータを個別に設定できます。

高効率

  • 変換効率 98.0% (JIS C 8961に準拠)
  • ピーク効率 98.7%


柔軟性

  • 最大DC入力電圧 1,000 V
  • マルチストリング方式と昇圧コンバータの採用により最適なシステム設計
  • アクティブなOpticool 温度管理技術により−25 °C~+60 °Cの周囲温度に対応


便利な機能

  • WebconnectとSunny Portal の使用により、太陽光発電システムを容易に表示、監視することが可能
  • 発電量と1日の出力経時変化をグラフで表示する液晶画面を内蔵


革新性

  • SMA Cluster Controller とSunny Portal により、中規模から大規模の太陽光発電システムのパラメータ設定と遠隔管理を効率化

MODBUSインターフェース

SMAのパワーコンディショナは、MODBUSインターフェースを装備しているため応用範囲が広くなっています。仕様が公開されている産業界標準のMODBUSプロトコルを使用することで、SMA独自の通信プロトコルに関する知識がなくても、SMAパワーコンディショナをお客様の発電システムに統合することができます。

DC サージアレスタ(タイプ II)、入力 A と B

パワーコントロールモジュール
Power Control Module

多機能リレーは様々な用途に使用できます。お使いになりたい用途に応じて、故障表示、自家発電増加、負荷制御、バッテリー充電、ファン制御、売電運転開始時の信号伝送という 6 つのモードから目的のモードを選択して、多機能リレーを制御します。