2022年09月12日

供給不足がSMAの2022年上半期の売上と業績にマイナス影響 受注は引き続きプラスに推移 

SMA Solar Technology AG、2022年上半期の売上高を含む概要を発表しました。

2022年上半期の概要:
• 売上高は4億7,200万ユーロ (2021年上半期: 4億8,800万ユーロ)
• パワーコンディショナ出荷販売実績5.8GW (2021年上半期: 6.8GW)
• EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) は、1,600万
ユーロ (2021年上半期: 3,800万ユーロ)
• 自己資本比率は39.1% (2021年12月31日: 39.0%)
• 取締役会は2022年度の売上・利益方針を固める


2022年8月11日 – 2022年上半期、SMA Solar Technology AG (SMA/FWB: S92) のEBITDA (税引前利益に、
特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) は、1,600万ユーロとなりました (EBITDAマー
ジン: 3.4%。2021年上半期のEBITDA: 3,800万ユーロ、EBITDAマージン: 7.8%)。受注は依然高い水準にあ
ります。電子部品の供給不足が長引いており、SMAの売上と収益の成長に引き続き影響を与えていま
す。2022年上半期、SMAグループの出力販売実績は約5.8GW、売上は4億7,190万ユーロとなりました
(2021年上半期: 4億8,830万ユーロ)。ホームソリューション事業の売上は前年同期比で減少しました
が、これは電子部品の供給不足に起因して、高い需要を満足できなかったためです。商工業ソリュー
ション、大規模プロジェクトソリューションセグメントは、供給不足および価格上昇によるプロジェ
クトの延期により、前年と同水準となりました。


純利益は-1億600万ユーロとなりました (2021年上半期: 1,330万ユーロ)。これに伴い、1株当たりの
利益は-0.31ユーロに減少しています (2021年上半期: 0.38ユーロ)。ネットキャッシュは1億7,630万
ユーロに減少しました (2021年12月31日: 2億2,170万ユーロ)。自己資本比率は39.1%と、前年期末と
同水準を維持しています (2021年2月31日: 39.0%)。さらにSMAはドイツ国内の銀行に1億ユーロの融資
枠があります。


SMA Solar Technology AGの最高経営責任者 (CEO) Jürgen Reinertのコメント「未来志向の太陽光およびエ
ネルギーソリューションの需要は依然として高く、受注はプラスに推移しています。しかし、今も続
く緊迫した供給状況が、売上と収益の発展に大きな打撃を与えています。多数の他業界と同様に、電
子部品の供給不足は欧州のパワーコンディショナメーカーにも影響を与えており、世界的にサプライ
チェーンがアジア市場への依存を再度示しています。そのため、当社は長期的な納品能力を向上する
一連の対策を開始しました。


その結果、下半期は上半期と比較して、供給状況が改善すると見込んでいます。そして2023年からは、全体の状況の大きな変化と、利益になる売上成長を予想しています。私たちは、カッセルの拠点に新規ギガワットファクトリーを建築することにより、これに向けて準備しており、最終的には2024年までに生産能力を倍増させる予定です。」

 

SMA取締役会は、2022年3月1日に発表した通り、2022年度の売上・利益方針を固めています。売上高は9億ユーロから10億5,000万ユーロ、EBITDAは1,000万ユーロから6,000万ユーロになると見込んでいます。2022年1月から6月のHalf-Yearly Financial Reportは、www.SMA.de/IR/FinancialReportsでご覧いただけます。SMAについてSMA は太陽光発電および蓄電システム技術で世界を牽引しており、SMA Groupは 未来の分散型再生可能エネルギー供給を目指し、現在の規格を制定しています。SMA製品ラインには、あらゆる電力クラスの太陽光発電および蓄電システム、インテリジェントなエネルギー管理システム、電気自動車の充電ソリューション、Power-to-Gasアプリケーション向けソリューションに向けた、効率的な太陽光発電パワコン、バッテリーインバータ、総合的システムソリューションが幅広く含まれています。太陽光発電所の運用・保守サービスまで、幅広いサービスを行っているほか、デジタルエネルギーサービスを行っています。約115ギガワットの総出力を有するSMAパワーコンディショナは、世界中の190を超える国に設置されています。数々の賞を獲得したSMAの技術は、1,700 以上の特許や実用新案によって保護されています。2008年より、グループの親会社であるSMA Solar Technology AGは、フランクフルト証券取引所のPrime Standard (S92) に上場し、TecDAX指数に上場しています。

 

SMA Solar Technology AG

Sonnenallee 1

34266 Niestetal

Germany

 

Head of Corporate Communications:

Anja Jasper

Tel. +49 561 9522-2805

Presse@SMA.de


Press Contact:

Susanne Henkel

Senior Corporate Communications Manager

Tel. +49 561 9522-1124

Presse@SMA.de

 

免責事項:

本プレスリリースは、情報を提供するためのものであり、SMA Solar Technology AG (以下「当社」という) または現在もしくは将来の当社の子会社 (当社とともに、以下「SMAグループ」という) の証券の引受、取得、保有もしくは販売のために寄付の示唆または勧誘するものではなく、また当社もしくはSMAグループのメンバーの証券の購入もしくは引受けの契約または約束の基礎を形成するものでも、またはそれに関連して依拠されるものでもありません。改正された1933年米国証券法による登録または登録の免除がない場合、米国で証券の申し出または販売を行うことはできません。

 

本プレスリリースには、未来指向の記述が含まれていることがあります。未来志向の記述は、過去の事実を記述したものではありません。また、これらには、当社の想定および予想に関する記述も含まれています。本資料に記載されている内容は、SMA Solar Technology AG (SMAまたは当社) の取締役会が現在入手可能な計画、概算および予測に基づいています。したがって、未来指向の記述は、それらが作成された日にのみ有効です。したがって、未来指向の記述は、それらが作成された日にのみ有効です。未来指向の記述には、その本質から危険性と不確実性の要素が含まれます。さまざまな既知および未知の危険性、不確実性、およびその他の要因が、実際の業績、財政状態、企業の発展または業績と、ここに記載されている概算との間に著しい差異をもたらす可能性があります。これらの要因には、SMAが発表した報告書で議論したものが含まれます。これらのレポートは、SMAのWebサイト(www.SMA.de)で入手できます。当社は、これらの未来指向の記述を更新する、または未来の出来事や発展に適応させる義務を負わないものとします。

 

お問い合わせ窓口

藤原 育葉
SMAジャパン株式会社
マーケティング

TEL : 0120 323 274 (Toll Free)
FAX : 03 3451 9432
Marketing@SMA-Japan.com

関連書類/資料: