フォルクスワーゲン・チャタヌーガ・ソーラーパーク

フォルクスワーゲンブランドは同社最大のソーラーパークを完成し、太陽光をエネルギー源としてテネシー州チャタヌーガで操業しています。フォルクスワーゲン社による 9.5 MW ソーラーパークの運用は、テネシー州最大、そして同社の世界中のソーラーパークのなかでも最大のプロジェクトです。

出力

このフォルクスワーゲン社の太陽光発電システムは、現地製造工場のフル生産時の電気需要の 12.5%、非操業時の 100% を賄う予定です。この驚くべきソーラーパークは 33,600 枚の地上設置型太陽電池モジュールと 5 台の高圧電力プラットフォーム構造となっています。 それぞれの SMA 高圧電力プラットフォームは 1.5 mW の設備容量をもち、2 台の Sunny Central 760 CP パワーコンディショナと高圧変圧器を装備しています。

パートナーシップ

「北米で現在、自動車メーカー所有のものとしては最大のソーラーパークの運転開始ができたことを誇りに思っております。このソーラーパークはフォルクスワーゲン社が世界的に進めている環境保護への取組みである、「Think Blue」のなかでも輝かしい成果の一つとなります。l 「Think Blue」は、エネルギー、資材、水といった資源の、より効率的な利用を追及して、フォルクスワーゲングループ全体で展開しているキャンペーンのコンセプトなのです。」フランク・フィッシャー氏、フォルクスワーゲン・チャタヌーガの CEO 兼会長
明確なビジョンをもった組織同士の強力なパートナーシップが、このプロジェクトを現実へと導いたのです。同パークを所有する Silicon Ranch Corporation の依頼により、Solar USA 社がこのプロジェクトの企画と施工、それに伴うコンポーネント(SMA パワーコンディショナを含む)の納入を手がけました。

その他の関連性のあるテーマ

運用開始

  • 2013 年 1 月


公称電力

  • 9.5 MWp


モジュール

  • 太陽電池モジュール x 33,600 枚


パワーコンディショナ

  • SC 760 CP x 10 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 0120 323 274 (Toll Free)
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com