ユニバーサルスタジオ、セントーサ

SUNNY MINI CENTRAL 7000HV による柔軟なシステム設計

セントーサ島にあるシンガポール・ユニバーサルスタジオを見れば、地球温暖化防止の取組みはレジャー施設でも実現可能であることが分かります。2009 年 10 月以来、リゾート・ワールド・セントーサは、そのテーマパークにおいて、500 キロワットピーク(kWp) の出力をもつ太陽光発電システムを運用しています。このシステムは、面積 3,200 平方メートルの金属製屋根のように設置されています。運営者は年間 600 MWh の発電量を期待でき、それによって、太陽光発電は年間 300 トンの CO2 排出量の削減に役立ちます。

SMA のパワーコンディショナ技術は、施工時の工事を減らすのにも一役買いました。全体の施工期間は、わずか 3ヶ月足らずでした。高入力電圧をもつ Sunny Mini Central 7000HV により、設置業者は多数のモジュールから構成されるストリングを使用することができます。これにより時間が短縮されるとともに、配線の手間と経費が軽減されます。

この太陽光発電システムは、ユニバーサル・スタジオの 7 つのテーマゾーンに並ぶ見所となっています。つまり、8 番目のアトラクションというわけです。太陽光発電システムにより、テーマパークは持続可能な運営を実現するだけではなく、視覚的にも壮観な施設となっています。

その他の関連性のあるテーマ

設備規模

  • 500 kWp
  • Sanyo HIT モジュール x 2,400 枚


所在地

  • ユニバーサルスタジオ(セントーサ)、シンガポール
  • 運営者:リゾートワールド・セントーサ社、シンガポール
  • 企画設計と施工:SolarGy Pte Ltd.、シンガポール
  • 運用開始:2009 年 10 月


年間発電量

  • 600 MWh
  • CO2 削減量:300 トン


パワーコンディショナ

  • Sunny Mini Central 7000HV x 68 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 03 3451 9532
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com