Thabazimbi, Hybrid Energy Supply

ザバジンビ

太陽光とディーゼルのハイブリッドシステム技術で燃料コストと CO2 を最小化

ザバジンビは南アフリカ、リンポポ州の人口過疎地で、鉱山で有名です。電力会社の送電網は遠く離れており、系統への連系は限定的にしかできない一方で、ディーゼル燃料の輸送にはコストがかかります。日照時間の長いこの地域は、太陽光発電に理想的でした。

2012 年 11 月から 1 メガワットの出力をもつ太陽光発電システムが導入され、クロム鉱石鉱山で既存のディーゼル発電を補うようになりました。年間最大 1.8 GW の太陽光発電設備により、鉱山事業者である Cronimet Chrome Mining SA (Pty) は燃料コストと CO2 排出を大幅に削減することが可能になります。この拡張可能な太陽光発電システムは、太陽電池モジュール、Sunny Tripower 太陽光発電パワーコンディショナ、そしてインテリジェント制御装置、SMA Fuel Save Controller から構成されています。太陽光発電機とディーゼル発電機が負荷と発電プロファイルに応じて制御されます。こうして、同社は日中の燃料依存度を最小限にすることが可能なのです。

その他の関連性のあるテーマ

運用開始

  • 2012 年 11 月


公称電力

  • 1 MWp


パワーコンディショナ

  • Sunny Tripower 17000TL x 63 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 03 3451 9532
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com