最大の信頼性を実現

SUNNY CENTRAL 720CP

2013 年 4 月、Sheikh Zayed 太陽光発電所が西アフリカにあるモーリタニアで落成しました。同国初のこの太陽光発電所には 16 台の Sunny Central 720 CP、1 台の Sunny Central 500 CP、そして通信用に Communit、Sunny Webbox、および Power Reducer Box が装備されています。また、バックアップ電源を供給するために、遠隔操作可能な Sunny Island 2224 も設置されました。

モーリタニアの首都ヌアクショットにあるこの設備容量 15 MW の太陽光発電所は、アブダビ(アラブ首長国連邦)に本社を置く再生可能エネルギー事業者である Masdar 社によって開発されたもので、モーリタニアのエネルギー需要の 10% を供給する予定です。このプロジェクトの施工を請け負ったのは EPC Environmena 社です。

モーリタニアは国土の大半が砂漠で、日射量が非常に高い国です。モーリタニアの系統電力の大半は、高価なディーゼル発電機で供給されるもので、それら発電機の量は現在わずか 144 MW しかありません。Sheikh Zayed 太陽光発電所により、約 10,000 世帯へのクリーンエネルギーの供給が見込まれています。

その他の関連性のあるテーマ

システムの規模

  • 15 MWh
  • マイクロモルフ薄膜パネル x 29,826 枚


所在地

  • ヌアクショット、モーリタニア
  • 運用開始:2013 年 4 月
  • 企画設計と施工:Enviromena
  • 事業主:マスダール


パワーコンディショナ

  • Sunny Central 720CP x 16 台
  • Sunny Central 500CP 1台
  • Sunny Island 2224 x 1 台
  • オプション:OptiCool システム

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 0120 323 274 (Toll Free)
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com