レッカーン・ソーラーパーク

Sunny Central 800CP で最大限の信頼性を実現

レッカーンの空き地に建設された太陽光発電所の運転開始により、太陽光エネルギーはクロスター・レッカーン地域の負荷マスバランスの改善につながりました。98 ヘクタールを超える面積に設置されたこの設備により、年間 28,000 トン以上の CO2 排出が削減されます。長年放置され、その大半の土地が空いたままになっていた工業団地を利用して、このソーラーファームは設けられました。このプロジェクトでは、太陽電池モジュールのモジュール間のすき間にある土地をできるだけ芝や植物で覆い、鳥や昆虫の生息環境を保護することが、重要な課題とされました。

設備の建設には 42 台の SMA パワーコンディショナが使用され、それによって太陽エネルギーのスムーズな変換が約束されました。建設開始からわずか 5 ヶ月足らずで 487,200 枚の太陽電池モジュールが設置されました。その際、約 283 キロメートルのケーブルが敷設され、16,000 トン以上の建築資材が使用されました。

その他の関連性のあるテーマ

運用開始

  • 2010 年 12 月


建設期間

  • 11ヶ月


公称電力

  • 37,8 MWp


年間発電量

  • CO2 削減量:28,000 t

モジュール

  • First Solar 社製 x 487.200 枚


パワーコンディショナ

  • SC 800 CP x 39 台
  • SC 500CP x 1 台
  • SC 630CP x 2 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 03 3451 9532
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com