Rapale PV power plant

ラパル太陽光発電所

SUNNY MINI CENTRAL 9000TL

SUNNY MINI CENTRAL 9000TL による柔軟なシステム設計

ラパル太陽光発電所(77,000 ㎡)はコルシカ島のパデューラ湖に近い町、ラパル付近にあります。自然環境保護のため、太陽電池モジュールは地所の半分だけを使って設置され、残りの半分は農業に使われています。

どのプロジェクトも一つとして同じものはありません。SMA はこのラパル太陽光発電所にも特注設計のソリューションを提供しました。Sunny Mini Central 9000TL-RP パワーコンディショナをこのプロジェクト固有の技術要件に応じて調整しました。この結果、最大の発電量を得るべく設計された特注製品が完成しました。現地の制約条件を満たすため、プロジェクトにはストリング型パワーコンディショナが全面的に採用されました。SMA は常に最適なソリューションを皆様にお届けします。

その他の関連性のあるテーマ

運用開始

  • 2010 年 8 月


公称電力

  • 7.7 MWp


モジュール

  • First Solar 社製モジュール x 100,000枚


パワーコンディショナ

  • Sunny Mini Central 9000TL-RP x 900 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 03 3451 9532
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com