ニュージャージー

2009 年以来、M&M チョコレートのメーカーである Mars Snackfood US は、ニュージャージー州ハケッツタウンの本社で消費するエネルギーの約 20% を太陽光発電で賄っています。Mars ソーラーガーデンは 2009 年 9 月に操業を開始し、2.2 MWp の公称発電容量をもちます。計 28,000 枚以上の薄膜モジュールが、7ヘクタール以上の敷地に設置されています。SMA の Sunny Central 250-USパワーコンディショナは、商業施設に設備する太陽光発電システム専用に設計されたもので、ソーラー電力の可用性を最大限に高めます。

juwi solar 社がプロジェクトの施工を請け負いました。米国を拠点とする Public Service Enterprise Group(PSEG)が太陽光発電所の運営を担い、Mars Snackfood にソーラー電力を安定して供給しています。

出力

Mars ソーラーガーデンによって、年間 1,000 トン以上の CO2 排出を削減できます。すでに計画の段階から、juwi solar 社の担当者は SMA のパワーコンディショナの採用を決めていました。Sunny Central 250-US は米国市場の特殊な要求事項に合わせて開発されており、内蔵トランスによって低圧系統に直接連系することが可能になっています。内蔵データロガーにより、プラントの監視と遠隔メンテナンスが容易に行えます。さらに、パワーコンディショナは、周囲温度 60°Cでも確実な送電を保証します。

その他の関連性のあるテーマ

運用開始

  • 2009 年 9 月

公称電力

  • 2.2 MWp

モジュール

  • First Solar社製 x 28,000枚

パワーコンディショナ

  • SC 250-US

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 03 3451 9532
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com