メルリーノ

ローディ近郊にあるサンマウリッツォ農場は、北部イタリアの自然保護区「南アッダ公園」の近くに位置しています。パオロ・ロカテッリ氏の所有するこの農場では、年間 1,000 トンのズッキーニと 600 トンのトマトを生産しています。ロカテッリ氏は、温室の屋上に完全統合型の太陽光発電システムを装備することにより、これらの作物の生産量を増加させました。

面積 6,836 平方メートルのパネルを屋根に設置したシステムで、年間 992 MWh を発電し、電力会社に売電します。所有者にとって太陽光発電は副業で、本業である野菜栽培事業をサポートするグリーンエネルギーとして位置付けられています。EDF ENR がプラントの設計を手がけ、ターンキー方式で施工しました。

出力

この太陽光発電プラントは、温室の屋上と完全に一体化する形で設置され、公称電力 917.97 kWp を提供しています。6,836 平方メートルの広さをもつプラントは、温室の屋根のほぼ半分を覆っています。ソーラー設置型温室の建設に特化したフランスのグルッポリシェール社と協力して、施工を完了しました。野菜栽培では日陰にならないように注意する必要がありますが、これを考慮して、屋根全体を半透明のモジュールで構成しました。年間 992 MWh という発電量予測に基づいて試算すると、プラントの CO2 削減量は年間 380 トンに上ります。

パートナーシップ

「EDF ENR は農業部門に大きな関心をもっています。このプラントは耕作地自体には触れることなく、屋根と完全に一体化した形で施工され、クリーンエネルギーの効果により農作物の生産高の増大に役立っています」

アンドレア・サッソ、EDF ENR 社長

その他の関連性のあるテーマ

運用開始

  • 2011 年 4 月

公称電力:

  • 917 kWp

モジュール

  • UPSOLAR 社製 x 4,962枚、半透明

パワーコンディショナ

  • SC 630-HE x 1 台
  • SC 400-HE x 1 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 03 3451 9532
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com