電気の自給自足

SUNNY ISLAND 5048-US と Multicluster Box 12

ハカイ・ビーチ研究所はブリティッシュコロンビア州カルバート島(カナダ)にあり、その周囲には広大な森林と手付かずの自然が広がっています。この研究施設に電気は通っておらず、必要なものはすべて自給自足しなければなりません。水処理やゴミ廃棄にはじまり、エネルギー供給に至るまで、すべては再生可能なエネルギー源によって行われます。

2011 年から同施設は、オフグリッドシステムでエネルギー供給を行うようになりました。この太陽光発電システムは 1 台の Multicluster Box 12、9 台の Sunny Island 5048-US、5 台の Sunny Boy 6000-US パワーコンディショナで構成され、通信用に 1 台の Sunny WebBox も組み込まれています。余剰電力は一時的にバッテリーに保管され、ソーラーエネルギーが取得できない夜間に使用できます。ディーゼル発電機はバックアップとして機能し、雨期や電力消費量が高い場合に使用できます。この太陽光発電システムは 73,320 kWp の電力を生成し、年間約 1,517 トンの CO2 排出を削減しています。

その他の関連性のあるテーマ

所在地
カルバート島、ブリティッシュコロンビア州、カナダ

運用開始
2011 年 6 月


公称電力
53.1 kWp


パワーコンディショナ
Sunny Island 5048-US x 9 台
Sunny Boy 6000-US x 5 台
Multicluster Box 12 x 1 台
Sunny WebBox 1 x 1 台


CO2 削減量
約 1,517 トン

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 03 3451 9532
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com