Bang Pa-In

Bang Pa-In

Sunny Central 630HE

Sunny Central 630HE で最大の信頼性を実現

Bang Pa-In はタイ国内最大級の太陽光発電所で、首都バンコックの近郊にあります。2012 年 7 月に操業を開始した同発電所は、最大公称電力 44 MWp の設備容量をもちます。
述べ面積は 800,000 平方メートル、Suntec 社の約 160,000 枚の太陽電池モジュールと、61 台の SMA のパワーコンディショナ Sunny Central 630HE が装備されています。 この発電所の発電により、年間約 4,500 トンの CO2 排出が削減されます。

パートナーシップ

このプロジェクトで特に難しかったこと

「このプロジェクトに関するあらゆることが特別です。 2011 年のタイの大洪水のため、プロジェクトはいわば、二回にわたり施工する必要がありました。太陽光発電システムを 100% 入れ替え、再設置、修理しなければならなかったので、2 倍の労力がかかりました。また、システム復旧の工期は厳しいものであったようで、44 MW 設備全部を 5 ヶ月で再構築する必要に迫られました。また、計画されていた発電量も非常に高いものであったため、どの装置も最良の状態で稼働することを確認する必要がありました。だからこそ SMA のパワーコンディショナを選択したのです。発電効率とサービスの面で、SMA が最高のパワーコンディショナメーカーだからです。」

(Solartron Public Company Limited、タイ)

その他の関連性のあるテーマ

運用開始
2012 年 7 月


公称電力
44 MWp

モジュール
Suntech 社製モジュール x 160,000 枚


パワーコンディショナ
Sunny Central 630HE x 61 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 0120 323 274 (Toll Free)
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com