オフグリッドおよびハイブリッドシステムのセットアップが容易

Sunny Island 用の Multicluster Box

大規模な独立型グリッドに最適:フランス領ポリネシアのレアオ環礁は、南太平洋の中央、タヒチ沖合 1,350 キロに位置します。324 名の住民が使う電力を供給するためには、毎日、約 250 リットルのディーゼルが必要となります。電力は主にコプラ油を抽出するために使用されています。乾燥ココナッツカーネルは、ココナツフレークやヤシ油に加工されます。このために使用されるディーゼル発電機の燃料は高価であり、発電機の騒音も大きく、排出する煤からの大気汚染が問題になります。

2010 年以来、マルチクラスタ技術を搭載した SMA 社の独立型システムが装備され、騒音や公害を出さないソーラー電力が住民に供給されるようになりました。今では、ディーゼルは非常時にのみに使われます。それ以来、住民の表情も目に見えて和やかになりました。これほど静かな発電が可能だったのかと、住民も驚いています。再生可能エネルギーに切り替えることにより、妊婦向け医療の質が大幅に向上しました。モーターのうるさい打音に邪魔されずに、島の医師は、胎内の鼓動に耳を澄ませることができるようになりました。

Multicluster Box を搭載した独立型システムは、この島に格好のソリューションです。工場で事前設定した交流分電盤のおかげで、独立型システムを簡単にインストールでき、エネルギー需要の拡大に応じて随時、拡張することが可能です。さらに、現地サービス技術者による施設のメンテナンスも容易で、地域の人々や経済にとっても付加的なメリットがあります。タタコト、ファカヒナ、トゥレイア、アヘ、ファンガタウなど近隣の島でも、これに倣って太陽光発電を導入しました。

その他の関連性のあるテーマ

所在地
フランス領ポリネシア、レアオ

運用開始
2010 年


公称電力
140 kWp


パワーコンディショナ
SUNNY ISLAND 5048 x 18 台
SUNNY MINI CENTRAL 10000TL x 14 台
MULTICLUSTER BOX 36 x 1 台


CO2 削減量
約 365 トン


企画設計と施工
Helio Soler Technopro、パペーテ、タヒチ、フランス領ポリネシア

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 0120 323 274 (Toll Free)
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com