アルマラス

これまでスペイン全土で、数多くの大規模発電所プロジェクトが計画、施工されてきました。こうしたプロジェクトの一つに、アルマラス発電所があります。公称電力約 22.1 MWp のアルマラスプラントは、現在に至るまでスペイン有数の発電所に数えられています。2008 年に系統に連系されたこの太陽光発電所は、数千世帯分のソーラー電力を発電する能力があります。

スペインの OPDE グループに属する PROINSO が、この太陽光発電所のプロジェクトプランニングと設計を請け負いました。同社は世界中で、中規模から大規模の太陽光発電システムの開発を専門に手がけています。総設備容量約 315MW という実績が、その経験とノウハウを証明しています。アルマラスは、同グループが現在まで施工した中で最大の太陽光発電所です。

出力

プロジェクト設計者は、早い段階で SMA の分散型ソリューションを選択しました。モジュールの種類をほとんど問わず、高い効率を発揮するというのがその理由です。SMA の Sunny Boy 3307 型のパワーコンディショナは、126,000 枚の太陽電池モジュールで生成した電力を、系統に適合する交流電力に約 98% の効率で変換します。Sunny Boy パワーコンディショナは、アルマラスのような高温の過酷な条件下の使用のために設計されています。これには、SMA OptiCool が大きな役割を果たしています。

パートナーシップ

「アルマラスの太陽光発電所の計画、設計の段階におけるやり取りを通じて、直接相談できる窓口として SMA がいることの有難みを早い時点でかがく実感することになりました。数多くの国際的なプロジェクトを通して SMA が培ってきたノウハウが活かされただけではなく、いつも迅速な対応が期待できました。長く待たされたことは一度もありません。ほぼすべての場合において、SMA のチームは当社の要求に応える理想的なソリューションを見つけくれました。特に、このように大規模なプロジェクトで工期の厳守が求められる場合、SMA の素早い対応のおかげで、計画の安全性が高まりました。こうした理由から、ヨロ、カリフォルニア、イタリアのピエモンテ地方など、今後のプロジェクトについても必ず SMA に協力を請うつもりです」

PROINSO 社長、グスタヴォ・カッレーロ氏

その他の関連性のあるテーマ

運用開始
2008 年 9 月


公称電力
22.1 MWp

モジュール
126,000 枚


パワーコンディショナ
Sunny Boy 3300

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 0120 323 274 (Toll Free)
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com