アデレード

現在オーストラリアで最大の太陽光発電システムは、ある屋根の上にあります。厳密に言えば、システムは 6 棟の屋根と 2 面の外壁にまたがって設置されています。南オーストラリアのアデレードにあるこの発電所は設備容量 1 MWpで、同種のプラントとしてはこれに次ぐ 2 番目の設備に発電量の多さで5倍近くの差をつけています。

総工費 800 万ドルをかけたこのプロジェクトは、McConnell Dowell 系列の Solarshop Australia と Built Environments が請け負いました。アデレード・ショーグラウンドは、オーストラリアの重要なパイロットプロジェクトとなるもので、産業用施設における最先端太陽電池技術がもつ大いなる可能性を世の中に示しています。この太陽光発電システムは、ソーラー併設型の商業施設「ゴイダーパビリオン」の全電力需要を100%カバーしています。

出力

First Solar 社と Suntech 社製の 13,000 枚の太陽電池モジュールは、約9千平方メートルの敷地に縦横に広がって設置されています。プラントに装備されている SMA のトランスレス方式パワーコンディショナ 95 台は、直流電流を交流電流に変換するとともに、系統電圧の安定性を確保しています。また、運営者がいつどこででも操業情報を確認できる仕組みになっています。

パートナーシップ

「アデレード・ショーグラウンドは様々な意味で、オーストラリアにおける先駆的なパイロットプロジェクトです。この設備は、現在、最大の太陽光発電プラントであるだけでなく、分散型エネルギー供給が今日すでに経済性をもつことを証明しています。しかし、このプロジェクトは、様々なステークホルダーの協力、特に SMA からの専門的なサポートがなければ、所定の期間内に完成させることはできなかったでしょう。特に、位相シフト補償とダイナミック系統サポートの分野で、SMA が積極的に行ってくれたサポートのメリットは計り知れません。プロジェクトの計画段階での協力や充実した内容のスタッフ研修のなかで、SMA の製品に関する豊かな専門知識に驚かされることもしばしばでした。味方になってくれる優秀なパートナーをもつことは、心強いものです」

テオ・ストレッカー、 アデレード・ショーグラウンドのプロジェクトリーダー

その他の関連性のあるテーマ

運用開始
2009年9月


公称電力
1 MWp

モジュール
First Solar FS277 x 12.612 枚
Suntech SPT200 x 122 枚


パワーコンディショナ
SMC 11000TL x 89 台
SB 5000TL x 6 台

お問い合わせ

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビル8階
〒105-0014

TEL : 0120 323 274 (Toll Free)
FAX : 03 3451 9432

info@SMA-Japan.com
www.SMA-Japan.com